相続登記

ご家族の方が亡くなられると、相続が発生します。

亡くなられた方が土地や建物といった不動産を所有していた場合には、相続した不動産の名義を変更する相続登記の手続きが必要となります。

相続登記をしないと第三者に不動産が自分のものだと主張できなくなったりすることはなく、また期限があるわけでもないので、必ずしもすぐに行わなければならないものではありません。

しかし、不動産の名義を変更しておかなければ、その不動産を売ったり、その不動産を担保にして融資を受けることもできません。

また、相続登記をしないで放置したままにしている間に、さらに相続がおきてしまうと、新たな相続人も加えての遺産分割協議が必要になり、相続登記の手続きも非常に複雑なものとなってしまいます。

ですので、不動産を相続されたときには、早めに不動産の名義を変更しておくことをおすすめします。