はじめに

今日の長引く不況の中で相次ぐ倒産、リストラ・失業、医療・年金など社会保障の貧困さなどから、人々の生活不安が広がっています。

こうした日本社会の現状の中で、クレジット会社・消費者金融を利用し、多額の借金を抱え、その支払いが困難となっている多重債務者は激増し、現在借金に苦しんでいる人は数百万人いると推定されています。


多重債務者のほとんどの人が、借金を返済するために、その場しのぎで新たな借金を作り、長期間にわたって借金を重ねるという行為を繰り返しています。

そのうちに借金は雪だるま式に膨らみ、ますます家族や周囲の人に迷惑をかけることとなります。このような状況に陥った場合は1人で悩んでいても何の解決にもなりません。

家族や友人に相談することも大切ですが、まずは、専門家に相談することをお勧めします。専門家が介入することで、法律に則して借金問題を解決することが可能です。


債務整理や自己破産というと悪いイメージがありますが、これらの制度は借金に苦しむ人々を救うために国によって作られた制度なのです。この制度を利用し、借金の返済のための過剰な労働、日々のストレスから開放され、新しい再スタートをきりましょう。

まずは、債務整理とはどのようなものなのか見ていきましょう。このページでは、なるべくわかりやすい言葉で説明していますが、わからないことや、ご自身のケースについての具体的なご相談がある場合は、お気軽にご相談ください。