LLC(合同会社)とは

LLC(合同会社)とは、アメリカのLLC:Limited Liability Companyをモデルに2006年5月1日から新たに設けられた会社形態です。合同会社の組織はシンプルで、かつ社員全員が有限責任であるため、新規設立が認められなくなった有限会社に代わって今後多く設立されることが見込まれる会社形態です。


LLPと同様に、さまざまな規模の共同事業への応用が期待され、制度開始から1年で約5000社が設立され、急激に増加しています。