LLC(合同会社)の設立

LLC(合同会社)を設立するための手続きの流れは以下のとおりです。定款を公証人に認証してもらう必要がないなど、株式会社に比べると、設立にかかる期間が短く、費用も少なく簡単に設立することが可能です。

@ 出資者による定款の作成
出資者全員の同意により定款を作成します。会社法により以下のとおりの記載しなければならない事項(絶対的記載事項)が定められています。
・商号
・目的
・本店の所在地
・社員の氏名又は名称及び住所
・社員全員が有限責任社員である旨
・社員の出資の目的とその価額

また、記載は任意ですが、記載することにより効力が発生する事項(相対的記載事項)もあります。
・業務執行社員の定め
・代表社員の定め
・利益の配当に関する事項
・社員の退社に関する定め
・持分の相続に関する定め
・解散の事由
・会社の存続期間
・残余財産の分配の割合 など

その他、社員の間で運営などに関して取り決めた事項(任意的記載事項)があればこれを記載します。記載するかどうかは任意です。
・社員総会の開催に関する事項
・会社の事業年度に関する定め
・業務執行社員・代表社員の人数等
・業務執行社員・代表社員の報酬等  など

A 出資金の払い込み
各出資者が定款で取り決めた出資金の全額を口座に払い込みます。現金以外にも、現物資産(動産・不動産・有価証券など)や無形資産(特許権など)による出資をすることもできます。

 

B 設立の登記申請
事務所の所在地を管轄する法務局に申請します。登録免許税として6万円が必要となります。当事務所では、オンライン申請を行っているので5千円分の減税があり、登録免許税は5万5千円になります。